エクストラファイン ウール

最高品質のウールは、地中海盆地に源を発するメリノ種の羊からとれ、18世紀後半に、羊毛生産大国のオーストラリアニュージーランドに広がり、これらの国々で、大切に育てられ、革新的技法の発達により生産性のみならず、品質も大幅に改善されました。

今日では全てのメリノ種の羊から最大1kgのスーパーファインフリースが生産されています。

入念な検査とクラス分けを行い、フリースは様々な街で9月から5月にかけて開催されるオークションで販売されています。これらのマーケットで、ロロ・ピアーナは常に最高品質の、トップライン1PP(1PP = 1プラスプラス、羊毛品質の最高等級)もしくは、オークションで毎年提供される400万ベールの中の最高品質の30~50ベールのものだけを買い付けます。

そして、その中のたった1つのベールだけがレコード・ベール、つまり、ロロ・ピアーナが20年以上、常に買い付けている世界で最も細いベールなのです。

ロロ・ピアーナでは、変わらぬ品質への追求と、さらに細いウールの生産を奨励するため、2000年にを設立し、ブリーダーのプロフェッショナリズムの認定や、より高品質なウールの生産に報いることを目指しています。

毎年、ロロ・ピアーナは、これまでに高品質のウールを生産してきたオーストラリアとニュージーランドにおいて最も細いベールを生産した2名のブリーダーを表彰しています。

この2名のブリーダーから、コンテストの規定により、定められた重量、長さおよび強さの基準に対して直径が最も細いミクロンのベールを生産した1名をレコード・ベール賞として表彰しています。この賞を連続3回獲得したブリーダーのみが永続的にレコード・ベール賞の受賞者として殿堂入りすることができるのです。

アワードは、イタリアのクアローナにあるロロ・ピアーナ工場内にある芝生に立つ、鉄とコンクリートでできたピノカスターニャのアーティストの一人が制作した最も有名なブロンズ像(The wall :「壁」)のミニチュアレプリカです。

このようなインセンティブと認定により、スーパーファインウールを提供するブリーダーの方たちとともに、ロロ・ピアーナは、その類まれな品質水準を達成しています。

現在のレコード(記録)は、オーストラリアのピレニーズ・ファームの10.3ミクロンのベールです。

ビデオを見る

関係するセクションに行く


ロロ・ピアーナの世界