ロロ・ピアーナとビキューナ

世界で最も細く稀少とされる動物の繊維「ビキューナ」は、アンデスの高地に生息するラクダ科の小さな動物の毛です。このビキューナにまつわる物語にロロ・ピアーナは深く関わっています。優雅でしなやかな体つきをしたビキューナは、「アンデスの女王」と呼ばれています。インカの人々はビキューナを崇拝し、狩猟を禁じて保護していました。そのフリースから採れる最高の繊維は皇帝一族だけが使用していました。ところが、後に現れたスペインのコンキスタドール(征服者)がビキューナの上質の繊維を手に入れようと乱獲を始め、ビキューナは絶滅の危機に追いやられました。その後、長年かけて様々な保護対策が取られましたが密猟者は後を絶たず、1960年代までにビキューナの生息数は5,000頭を下回り、ついに絶滅危惧種に指定されてしまいました。

ロロ・ピアーナは、世界の最高品質の原材料を求める揺るぎない信念と情熱に駆り立てられ、20世紀の半ばからこのビキューナの物語に関わることになります。1980年代に、ペルーでこの「神の繊維」の保護に積極的に乗り出し、1994年 にビキューナ繊維を市場に再投入する独占権を得ました。2008年に、ペルー初の民間の自然保護区「フランコ・ロロ・ピアーナ保護区」を設立しました。その後5年間で保護区内のビキューナの生息数は倍増し、この貴重な動物の絶滅の危機を回避するロロ・ピアーナの取り組みは大きな成果を上げました。このペルーでのビキューナの保護活動は始まりにすぎませんでした。ペルーでの30年にわたる経験を活かして2013年にアルゼンチンに活動を拡大し、アルゼンチン北東部のカタマルカ州の指定区域内に生息する野性のビキューナの毛の採取権を持つ会社を取得しました。

ロロ・ピアーナは現在、世界第1位の「ビキューナ」の生産メーカーです。ビキューナは成獣から法的に採取できる最も細い繊維で、その繊維の平均直径はわずか12.5~13ミクロンです。ビキューナ繊維を紡ぎ、ファブリックに織り上げ、製品に仕上げるまで、すべてイタリアで行っています。最高の品質をお求めの洗練された方に、今日再びこの「神々の繊維」を捧げます。

プロダクトに行く
ビデオを見る

関係するセクションに行く


ロロ・ピアーナの世界