タスマニアン®

イタリア語で「タスマニアン®」と言えば、「軽いウール・ファブリック」のことを指します(辞書にもそう記載されています)。

この類稀なウーステッド・ファブリックは、オーストラリア南部のタスマニア島からその名が付けられています。汚染されていないタスマニア島のメリノ・ウールで作られていたからです。

タスマニアン®は、ロロ・ピアーナが教会ウェア用に特別に製作したライトウェイトなファブリック、プリースト・クロス®にインスピレーションを得て、1960年代に、軽く、用途が多彩で、しわになりにくく、エアコンの効いた場所に適したモダンで新しいウェアへのニーズの高まりに応えて製作されました。

タスマニアン®は現在、オーストラリアの厳選されたウールを使って作られています。オーストラリアはメリノ羊にとって理想的な生息環境のためフリースの繊維は非常に細く、それを最先端の紡績技術で紡ぐと、ファブリックに蒸発性、断熱性、耐久性、軽さ、快適さ、という独特の特徴が生まれます。

1メートル当たり250グラムというタスマニアン®(サマー・タスマニアン®ウィンター・タスマニアン®もあります)は、最も軽いファブリックで、季節を問わずエレガントな装いができます。

関係するセクションに行く


ロロ・ピアーナの世界