ロロ・ピアーナ・ジベリン®

このファブリックの特徴的な表面のウェーブ、光沢、ハンマード加工のような外観、類稀な柔らかさは、ティーゼリングと呼ばれる昔ながらの手法によって生まれています。

ロロ・ピアーナは、スペインのナバラ州で栽培されたティーゼル・フラワーを特殊乾燥した素材だけを使い、昔ながらの手法を用いて、この貴重な繊維を類稀なファブリックに仕上げています。

ティーゼルのとげで実際にファブリックを優しくなでて、けば立たせています。

この植物の独特の曲がった形が、ファブリック表面に他の技術では再現できない波状の効果を生みます。

この手法は、特殊技能と並々ならぬ忍耐力を必要とする真の芸術です。

実際に、4,500本ものティーゼル・フラワーが必要で、ティーゼリング機を設定する作業は1日で終わりません。

さらに、最高品質に仕上げるには、ファブリックに何度もこの加工を施さなければなりません。

ロロ・ピアーナは、けばを永久に固定するエクスクルーシブな加工を施しており、ジベリン効果のエレガントさはいつまでも持続します。

関係するセクションに行く


ロロ・ピアーナの世界